矯正⻭科

矯正⻭科

大人の矯正治療について

初診相談・初診カウンセリング無料

「歯並びがずっと気になっている」「人前で無意識に口元を隠してしまう」など、お口元のお悩みやコンプレックスを抱えてはいらっしゃいませんか?

気になる歯並びを歯列矯正治療で整えることで、お口の見た目がキレイになるのはもちろん、噛み合わせもよくなることでより健康的な生活にもつながります。

当院では、よりたくさんの方々のお悩みにお答えできるよう、初診相談・初診カウンセリングを無料にて対応しております。お悩みやご希望をていねいにお伺いし、心から笑顔になっていただけるようしっかりとサポートさせていただきます。症状に応じて、矯正専門医や専門医療機関とも連携して最適な治療を進めてまいりますので、まずはどうぞお気軽にお問い合わせください。

当院へ初めてご来院される方へ

虫歯・歯周病のチェックを行った上での説明となるため、通常の初診料が別途必須となります。
予めご了承ください。

より専門的なマウスピース矯正が受けらる歯科医院

近年、メディアでも話題となっているマウスピース型の矯正装置「インビザライン」ですが、このインビザライン矯正治療を適切に行い、理想的な治療結果を出すためには、専門的な知識とテクニックが必要となります。

当院には、インビザラインの専門的な研修を修めた歯科医師が在籍しています。的確な診査・診断のもと、患者様一人ひとりにピッタリの歯列矯正治療をご提供いたします。

大人の矯正装置の種類

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

ワイヤー矯正
(マルチブラケット)

ワイヤー矯正では、歯にブラケットという土台の小さな装置を接着して、ワイヤーの弾性を利用して歯並びを整える装置です。審美的なものも開発されており、目立ちにくい白いワイヤーやセラミック製の白いブラケット、裏側からの矯正治療(リンガルブラケット)などもあります。

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

「前歯だけ整えたい」場合など、部分的な矯正をする際に行う矯正方法です。歯と歯の間に隙間があったり、前歯が1本だけ傾いている場合などに1本~数本の歯を整えることができます。

マウスピース型カスタムメイド矯正(インビザライン)

マウスピース型
カスタムメイド矯正
(インビザライン)

透明に近いマウスピース型の装置を用いて行う矯正方法です。矯正治療中でも装置がほとんど目立たず、ご自身で簡単に取り外すことができます。食事や歯磨きがしやすく、お口のお手入れがしやすいのも特徴です。

インビザライン*とは?

マウスピース矯正装置には様々なメーカーから開発されていますが、その中でもインビザラインは、全世界700万人以上の患者様に利用されている実績を持つメーカーブランドです。

形の異なる複数のマウスピース型の矯正装置を段階的に交換していくことで、徐々に歯並びを整えていきます。インビザラインは、最初にとった歯型をもとに緻密な計算のもとで全マウスピースを製造するため、歯型取りは基本的に最初の1回のみで完了でき、患者様の負担も軽減することができます。

マウスピース矯正は、歯並びの状態によって適応できない場合もあります。まずは一度お気軽にご相談ください。

*インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

小児矯正
(子どもの矯正治療)について

子どもの矯正の目的・メリット

発達・成長段階にある子どものうちから矯正治療を始めることで、歯並びだけではなく、骨格的な不正の改善を図ることができます。土台をある程度整えておくことで、大人になってからの矯正治療期間が短くて済むなど、将来的なメリットも多くあります。
お子さんの歯並びが気になった際にも、どうぞお気軽にご相談ください。

子どもの矯正を始めるタイミング

1期治療について(幼児、小学生~)

子どもの矯正を始めるタイミングは、ご年齢や歯の生え替わりなどによって個人差があります。基本的には前歯が生え替わり、6歳臼歯が生えると大まかな歯並びが決まってくるので、この時期のご相談をおすすめしています。
それ以外の時期においても、お子さんの成長段階に合わせた治療をご提案していますので、気になった時にご相談いただけます。

2期治療について(中学生、高校生~)

2期治療とは、永久歯への生え変わり後の治療のことを指します。1期治療終了後に経過を観察し、中学生くらいの時期に2期治療へと移行します。一般的にはワイヤーの矯正装置を用いることが多く、永久歯の正しい歯並びや噛み合わせを整えていくことが主な目的です。
1期治療の段階で早くから問題点を改善しておくことで、この2期治療の期間を短縮できたり、簡単になる場合があります。

小児矯正装置の種類

拡大装置

上顎骨または上下顎の歯列を拡大するための装置です。取り外し式と固定式があり、お子さんのお口の状態に合わせて選択・使用します。

筋機能訓練装置(ムーシールド)

矯正装置をつけられない乳歯列期のお子さんや、筋肉のバランスに不調和がある場合の受け(口反対咬合)の早期初期治療に用いる装置です。

ワイヤー矯正(マルチブラケット)

ワイヤー矯正では、歯にブラケットという土台の小さな装置を接着して、ワイヤーの弾性を利用して歯並びを整える装置です。審美的なものも開発されており、目立ちにくい白いワイヤーやセラミック製の白いブラケット、裏側からの矯正治療(リンガルブラケット)などもあります。

マウスピース矯正

専用のマウスピースを作成し、段階的に交換することで徐々に歯並びを整えていきます。透明なので目立たず、取り外しが出来るのでお手入れも簡単です。