⼊れ⻭

⼊れ⻭

入れ歯(義歯)治療について

当院の入れ歯(義歯)治療

当院の入れ歯(義歯)治療

「はじめて入れ歯を作ろうかと考えている」という方はもちろん、「いま使っている入れ歯が合わない」という方も、お気軽に当院へご相談ください。

入れ歯は、失った歯を補うための治療の選択肢の一つです。日常生活に関わる大切な機能を担う体の一部となるものですので、ご自身のお口にピッタリ合う入れ歯でなければ、日々の生活のストレスにつながってしまいます。

当院では、患者様のお悩みやご希望を丁寧にお伺いし、入れ歯に関する不安や疑問についても、分かりやすく丁寧にお答えしております。保険診療(保険適用内)・自由診療(保険保険外)の幅広い入れ歯づくりに対応し、可能なかぎり迅速にご提供してまいります。

入れ歯治療のメリット

保険診療の入れ歯は、比較的安価にお作りすることが可能です。治療期間もそれほど長くはかからず、また1本~数本の歯を失った場合でも1つの入れ歯で対応が可能です。インプラント治療のように外科手術を行う必要もなく、入れ歯は取り外しができるので、お手入れも比較的しやすいでしょう。

入れ歯を使用するデメリット

保険診療の入れ歯は、使用できる材料に制限があり、装着した時の違和感や見た目の目立ちやすさを気にされる方もいらっしゃいます。また、自由診療の入れ歯の中には、そうしたデメリットを解消した高機能な入れ歯も開発されています。

ぴったりの入れ歯で健康的な笑顔の生活を

患者様の中には、自分に合った入れ歯をつけることで、より食事を楽しめるようになり、人前での笑顔にも自信が持てるようになる方も多くいらっしゃいます。

人は「笑顔」になると、がん細胞やウイルス感染細胞などを攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させると言われています。私たちは良い歯のある生活は、健康的で豊かな人生のきっかけにもつながると考えています。

当院では患者様のそれぞれのお悩みをお伺いし、ご予算やご希望に合わせて、ぴったりの治療法をご提案させていただいております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

入れ歯の種類

■保険診療

レジン床の入れ歯(義歯)

保険診療で利用できる素材は限られており、総入れ歯・部分入れ歯ともにレジンというプラスティック製の装置をお作りいたします。

メリット

デメリット

部分入れ歯

数本の歯を失った場合には、部分的な入れ歯をお作りいたします。保険診療では金属のバネ(クラスプ)で固定するタイプとなります。

メリット

デメリット

■自由診療(保険適用外)

ノンクラスプデンチャー

シリコン素材のため歯茎に当たる部分の負担を軽減します。また、部分入れ歯では金属のバネを使用しないため目立ちにくいのも特徴です。

メリット

デメリット

金属床義歯

床(土台部分)が金属製の入れ歯です。軽くて生体親和性に優れた金属を材料にしたものを取り扱っております。

メリット

デメリット

インプラントオーバーデンチャー

外科手術で数本のインプラントを顎の骨に埋入して固定する入れ歯です。入れ歯がしっかりと固定されるので安定感・装着感に優れ、またご自身で取り外すこともできます。

メリット

デメリット

料金表をみる