インプラント

インプラント

インプラント治療について

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯が失われてた部分を補う治療法の1つです。チタン製の人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を被せます。まるで自分の歯のように「よく噛める」機能性と、見た目も天然歯のように自然な口元を回復できる審美性ともに優れた歯を手に入れることが可能です。

インプラントは「第二の永久歯」とも呼ばれ、50年以上にわたり研究・開発がされています。日本においても年々、身近な歯科治療となりつつあります。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のデメリット

当院のインプラント治療の特徴

歯科用CTによる的確な診断

歯科用CTによる的確な診断

インプラント治療の成功において非常に重要となるのが、いかに事前に的確な診査・診断を行えるかどうかにあります。当院では、先進のデジタル歯科用CTを導入することで、従来のレントゲン撮影による平面的な情報だけでなく、顎の骨の詳細な立体的な構造や神経の位置などを高精度に把握することが可能です。また、撮影したCTデータを専用のシミュレーションソフトを用いて解析することで、患者様一人ひとりに最適な埋入位置を診断することができます。

世界最高峰のインプラントメーカー製品を使用

世界最高峰のインプラントメーカー製品を使用

現在、世界には数百のインプラントメーカーがありますが、その中でもドクターとユーザーから絶大な信頼を集めているのがストローマン、ノーベルバイオケア、アストラインプラント、ジンマーデンタルの「世界4大インプラントメーカー」です。

中でも数々の症例データに基づき、当院では『ストローマンインプラント』を導入しています。高い安定性と耐久性を実現し、世界中の患者様の「最後までずっと長持ちさせたい」という願いに応える、信頼のおけるインプラントメーカー製品を使用しております。

ガイドシステムでより安全に緻密な治療が可能

ガイドシステムでより安全に緻密な治療が可能

インプラントを埋入する最適な位置・角度・深さは患者様によって異なり、少しのズレが治療結果に大きな影響を与えてしまいます。

そこで当院では、CT画像や歯型の3Dデータ等をもとにサージカルガイドを作製することで、治療計画通りに基づいた、より安全に緻密な手術を行うことができます。このガイドシステムを用いることで、歯茎や顎の骨への侵襲を抑えることことにもつながり、結果として治療期間の短縮にも貢献します。

「骨が足りない」と診断され、インプラントを諦めた方へ

インプラント治療は人工歯根を顎の骨に埋め込む治療のため、土台となる顎の骨の厚みが十分にあるかどうかが重要となります。患者様の中には、歯周病や歯が抜けた状態を長期間放置していた等により、骨が著しく痩せてしまっているケースもあります。そうした方には、骨を増やすための治療法がいくつかあります。

・骨補填材による骨再生治療(GBR:骨誘導再生術)
・上顎奥歯の骨が薄い方の骨造成法(ソケットリフト、サイナスリフト)

当院では、少しでも患者様のご希望に添えられるようにと、先進の技術も研究し、幅広い治療の選択肢をご提案できるよう努めております。

他院様では「骨が足りない」と診断を受けた方も、当院であればインプラント治療が可能なケースもございますので、ご相談ください。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

まずは患者様のお話を丁寧にお伺いします。ご要望をしっかり把握し、インプラント治療について詳しくご説明させていただきながら、不安や疑問を解消できるよう丁寧にお答えします。

精密検査・治療計画

精密検査・治療計画

レントゲンやCT撮影、噛み合わせや顎の骨の検査などを行い、お口の中の現状を把握するために検査を行います。診断結果をもとに詳細な治療計画を立案します。

サージカルガイドの作製

サージカルガイドの作製

人工歯根を埋入する最適な位置や角度、深さなどを治療計画通りに実現するために、CT画像や歯型の3Dデータ等をもとにサージカルガイドを作製いたします。

インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

当院では、「即日インプラント」「1回法」「2回法」の3種類のインプラント埋入手術があります。患者様の骨の状態や埋入する本数などを十分に考慮し、どの手法が適用可能か慎重に診査・診断の上、最適な治療法をご提案いたします。

治癒期間

治癒期間

インプラント体(人工歯根)と顎の骨が結合するための期間として、埋入手術後から通常で約2~3か月の治癒期間をとります。

型取り(印象採得)

型取り(印象採得)

型取りを行い、口腔内におけるインプラント体、またはアバットメントの位置関係と周囲の軟組織の形態について、専用器具を用いて模型上に再現していきます。

新しい歯の作製・装着

新しい歯の作製・装着

1回法では骨との結合が確認され次第、上部構造の作製を開始します。また、2回法では外科手術で歯肉を切開してアバットメントを連結し、歯の土台部分を作りあげてから上部構造(人口の歯)を作製して装着します。

定期メインテナンス

定期メインテナンス

インプラント治療の終了後は、通常3~6か月に1回の定期メインテナンスが必要となります。インプラント周囲炎の予防メインテナンスや、噛み合わせの調整などを行い、治療後もしっかりとサポートさせていただきます。

料金・保証期間について

10年間の長期保証

インプラント治療を行われた方に、当院ではインプラント本体について10年間の長期保証期間を設けております。

また、トータルの費用はお口の状態や埋入本数などにより異なりますので、まずは一度お気軽に当院までご相談ください。分かりやすく丁寧にご説明させていただきます。
患者様の不安や疑問を解消し、心からご納得いただいてから治療計画へと進んでまいりますので、ご安心ください。

料金表をみる