⼩児⻭科

⼩児⻭科

当院の小児歯科の3つの特徴

まずは歯医者さんに慣れるところから

まずは歯医者さんに
慣れるところから

来院される多くのお子さんは、不安と緊張でいっぱいの状態にあります。当院では、ご来院時にお子さんの歯に緊急性の高い症状がなければ、いきなり治療に入らず、少しずつ歯医者に慣れてもらうところから始めていきます。
子どもが大好きなスタッフと連携しながら優しくお話をしたり、時には治療器具に触れてもらうなどして、お子さんの緊張や不安にも十分に配慮しながら診療を進めてまいります。

楽しいキッズコーナー

楽しいキッズコーナー

院内には、お子さんが楽しく過ごせるキッズコーナーを設けています。小さなお子さんにも「歯医者さんは楽しいところ!」と思ってもらえるような、明るい医院づくりにも取り組んでいます。

全室個室だから安心

全室個室だから安心

小さなお子さんをお連れの方の中には、「治療で子どもが泣き出したら周りに迷惑じゃないかな…」とご心配される方もいらっしゃるかと思います。当院の診療スペースは、全室個室となっておりますので、どうぞ安心してお越しください。

保護者との連携を大切にしています

子どものお口の健康は、保護者の方が正しい知識をお持ちであるかどうかもとても重要となります。当院では、お子さんのお口の環境を一緒に守っていくために、まず保護者の方に正しい歯科知識をご理解いただけるよう努めております。

例えば、離乳食が甘いものに偏ると甘いものを好むようになったり、指しゃぶりを無理にやめさせようとするとストレスの原因となり、他の悪い癖に移行してしまうことで歯並びに悪影響を及ぼすケースがあります。

治療においても、治療の必要性や内容について分かりやすくご説明させていただき、ご自宅でのセルフケアの仕方や歯に良い習慣などもお伝えしております。気になることがありましたら、ご遠慮なくご質問ください。

子どもの虫歯を予防するために大切なこと

子どもの虫歯の原因としては、周囲の大人の唾液などを介して虫歯菌に感染したり、お菓子やジュースなど甘いものを時間をかけて口にすることなどが挙げられます。さらに、子どもの乳歯は歯質が弱く、虫歯の原因となる菌への抵抗力があまりないため、より虫歯になりやすい状態にあるのです。

そのため、子どもの虫歯を予防するためには、まず身近な保護者をはじめとする周囲の大人が虫歯のない清潔なお口の環境を維持していくことが重要です。また、子どもの日常生活においては、食事の種類や回数を管理し、歯磨きの時には自分磨きをさせてから保護者の仕上げ磨きをしていくと良いでしょう。

そして、定期的に歯科医院でプロの視点による予防や検診を受けることで、虫歯になりにくいお口の環境を作り上げていくことが大切です。

お口の定期検診は、お子さんの一生の歯を守る習慣です

適切な口腔ケアの仕方は、お口の状態や年齢によっても異なります。お子さんのお口の中の小さな変化や症状の予兆を見逃さないためにも、定期的に歯医者で検診を受ける習慣を身につけて、早期発見・早期治療につなげることが大切です。

定期的な検診で虫歯やお口のトラブルを早期に発見することができれば、治療時間や費用も少なくて済みますし、お子さんへのストレスや負担も軽減することができるでしょう。また、お口の状態に合わせて、シーラントやフッ素塗布などの予防ケアを行うことで、お子さんの歯の健康を保ちやすくなります。

小児歯科治療メニュー

シーラント

シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝をフッ素を放出する薬剤で埋める予防ケアです。歯を一切削る必要がなく、痛みもありません。奥歯の溝にできる虫歯は、生え始めから2~3年以内にできやすく、特に溝が深く複雑な6歳臼歯に効果的とされています。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質を硬くし、歯の再石灰化を促進します。特に歯質が柔らかい生えたての乳歯や、乳歯から永久歯へ生え変わったばかりの時期に塗布すると効果的でしょう。また、初期虫歯であれば、再石灰化によって治る可能性もあります。フッ素塗布を定期的に行なうことで、虫歯になりにくい環境を作り上げていきます。

歯磨き(ブラッシング)指導

お子さんのお口周りも日々成長をしており、常に状態も変化し続けています。その変化に伴い、口腔ケアの仕方や注意しなければならない点も変わるため、当院では、その時にベストなブラッシング指導を行っています。効果的な歯磨きを身につけ、日々ご自宅でも続けていくことで予防への意識を高め、お子さんの将来の健康へとつないでいきましょう。